本文へスキップ

株式会社フロントは独自機構の流量調節弁、及びガス混合装置のメーカーです。

TEL. 042-574-5163

〒186-0002 東京都国立市東4-27-9 A棟1F

よくあるご質問FAQ

流量調節弁

  • Oリングの材質の違いについて
    「スーパーニードル」シリーズでは、全モデルで、内部機構にOリングが使われています。
    このOリングの材質は、バイトン、パーフロ、の2種類からお選び頂けます。
    一般的には、パーフロの方が耐食性に優れていますが、流体によっては逆の場合もあります。
    Oリングの仕様の選定は、事前にご確認をお願い致します。

    ●参考サイト
    桜シール梶@パーフロ(白色FFKM)の耐食性一覧表 バイトン(4種D)の耐食性一覧表

  • 操作カウンター付きの取合い方向の指定について ※全モデル共通
    バルブの流体入口方向を指定できます。
    型式末尾に、流体入口の位置を追記して下さい。
    例:SNSK-44VJ-C06

  • バルブの継手・配管について(SNSKシリーズ)※SUS316L製ボディ

    標準では、Rc1/8の取り合いとなりますが、予めSUS製の継手を溶接することも承ります。
    溶接はNiろう付け加工です。受注生産の為、納期は4週間~6週間となります。
    例)
    VCRタイプ:フジキン社製 UJR-H-6.35A、スウェージロック社製 SS-4-VCR-1-2RT
    2重フェルールタイプ:スウェージロック社製 SS-200-1-2RT(管径1/8inch)、SS200-2-2RT(管径1/4inch)
    ※スウェージロック社VCR継手SS-4-VCR-1-2RTは、納期が非常に長い場合があります。




ガス流量調節機・混合装置

  • LMX2シリーズ(大気圧式(IN式))とLMX3シリーズ(恒圧式(OUT式))の違い
    流量計には、大気圧式(IN式)と、恒圧式(OUT式)があります。
    それぞれ以下の特徴があり、ログミックス本体の購入時に、どちらかの方式をお選び頂きます。

    ●大気圧式
    圧力調節弁の調節範囲内で、設定圧を変更できます。
    背圧が掛かる場合は、流量計の指示値が正しく表示されません。

    ●恒圧式
    背圧があっても流量計の指示値が正しく表示されます。
    予め決められた設定圧でしかお使いいただけません。

    通常は「大気圧式(IN式)」をご案内しております。
    ガスを圧力が掛かっているチャンバー容器の中に押し込むなど、背圧がかかる場合には、「恒圧式(OUT式)」をお選び下さい。
    大気圧式と恒圧式は、ログミックス本体の配管が異なるため、互換性はありません。
    (大気圧式用のログミックスに、恒圧式の流量計は、お使いいただけません。その逆も同様です。)




バナースペース

株式会社フロント

〒186-0002
東京都国立市東4-27-9 A棟1F

TEL 042-574-5163
FAX 042-505-9080
Mail otoiawase@fronto.jp
※技術的なお問い合わせは、
 Eメールにてお願い致します。